不動産担保ローン・融資会社を口コミ比較

不動産担保ローンを利用する3つのメリット

  • 無担保ローンと比べると低金利なので、総返済額が少なくなる
  • 所有する不動産の価値によっては、かなりの高額融資が望める
  • 返済期間を長期に設定できるので、ゆとりを持って返済できる

人気の不動産担保ローン TOP2

数ある不動産担保ローンの中でも、口コミ評価が高い融資会社だけを厳選してランキング比較しました。

まずは、一括申込サービスを提供しているイーローンの検討をお勧めします。

順位 サービス名 実質年率 限度額 審査時間 要チェック情報
1位 日宝 4.0%~9.9% 5億円 当日~1週間程度 詳細と口コミ
2位 三鷹産業 9.85%~18.0% 1億円 最短即日 詳細と口コミ

無担保ローンとの違い

不動産担保ローンでは、金融機関から融資を受ける際、自分名義の不動産を担保としてお金を借ります。

無担保ローンとの違いは、この不動産を担保として差し出すことです。

不動産担保ローンでお金を借り入れた場合、返済の途中で行き詰まると、
金融機関は担保として差し出された不動産を、契約に則って競売に出すことができます。

競売によって得られたお金は、名義人である本人に渡るのではなく、
融資をした金融機関がその人の借金に充当させるのです。

不動産担保ローンの場合には、不動産を競売に出すことによって資金を回収できるということで、
融資する側である金融機関はリスクが軽減されます。

そのため、無担保ローンと比べると金利がずいぶん低くなるのが普通です。

また、所有する不動産の価値によっては、高額の融資を受けられることができます。

通常高額な融資は無担保ではほぼ受けられません。

無担保ローンが5年以内の短期返済なのに対して、不動産担保ローンは
高額で金利が低い融資を受けられますので、通常10年以上の長期返済が主流となっています。

本当にお得か?

即日キャッシングが当たり前の時代で、審査や契約まで時間がかかり、
さらに手数料まで必要になることがある不動産担保ローンは、いったいどこが得なのでしょうか?

まず、はじめに考えられる不動産担保ローンのお得な点は、金利面が挙げられます。

お金を借りるときに最も厄介なのが金利です。特に、借りるお金が高額であったり、
返済期間が長期になる場合では、1%の違いがとても大きくなることもあります。

もし、同じ金融機関で不動産担保ローンと無担保ローンを利用するとすれば、
必ず不動産担保ローンのほうが金利が低くなります

このことは、どの金融機関でも変わりません。年率18%の無担保ローンを利用していた人なら、
不動産担保ローンに切り替えることで年率10%ほどにできるということです。

しかし、無担保ローンや不動産担保ローンの適用金利は各金融機関によって様々です。

不動産担保ローンに切り替えても必ず金利が下がるとはいえませんので、この点は注意が必要です。